FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫魔ヶ岳と厩岳山と低気圧^^;


2017.6.4 曇り

久々に丸一日の休日♪ 実に1月中旬以来です、、
津軽海峡辺りにに低気圧があって福島県会津地方もその影響を受けていましたが
ブナの森をそぞろ歩きする程度なら支障は無いだろうと判断、、
裏磐梯ゴールドラインの八方台から猫魔ヶ岳と厩岳山を散歩してきました。
ガスのため、展望は皆無の歩きでしたが久々に歩くブナの森、、良かったです^^


820_20170605001908dcd.jpg
8:20、磐梯山へ登る人たちで賑わう八方台駐車場から行動開始。
駐車場奥の湿地にはミズバショウがまだ咲いていました。





822_20170605000808357.jpg
猫魔ヶ岳への登山道、、歩く人は無くとても静か、、
ブナの緑も綺麗♪


823_20170605000809ca0.jpg
ブナの幹についていた河童の手の跡、、

824.jpg
マッタリ気分のナメクジさんもいました、、
低気圧の影響で森はしっとり。。行動しやすいかな?


829_20170605000812b18.jpg
ブナの巨木を根元から見上げます、、
樹木の袂と言うよりは神の袂にいる気分、、


830_2017060500081382b.jpg

831_20170605000814c29.jpg
ムシカリ、、この時期、一番の旬でした。
花びらに見えるのは実はガク、花は小さい粒々です、、アジサイと同じですね。


834_201706050008049c4.jpg


832_201706050008152bf.jpg
タムシバも丁度見ごろ、、若葉を一ついただいて噛むとほんのり良い香り^^
田虫葉と書きますが本来は噛む柴(カムシバ)と言われていたとか、、


833_201706050008182a5.jpg
熊さんのウンチ、、

915_20170605012749771.jpg
熊さんの爪痕、、
鈴と笛、忘れてきたのでアオバズクの鳴声を真似て歩いてました。


854_20170605012752ea0.jpg
霧に包まれたナナカマド



904_201706050127556de.jpg
ミツバツツジ、、
ブナ極相林は草原や湿原に比べると咲く花の種類は少ないです、、
そんな中でこの花の色は引立ちますね、


902_20170605012755b48.jpg
ハクサンシャクナゲ、、花は7月上旬頃かな?


916_2017060508264750f.jpg
ツルシキミ、、花が終わると赤い実をつけます。


912_20170605014429e31.jpg
オノエランの蕾、、

908_20170605014426070.jpg
さて、これは何の葉っぱ? バラ科イチゴ属だと思うのですが、、


914_20170605014425c4b.jpg
ヤマウルシはまだ芽吹いたばかり。


909_20170605014427ad7.jpg
白く濁る風に揺れるブナ、、低気圧の協奏曲が響いていました^^


913_20170605014429b23.jpg
9:13、猫魔ヶ岳山頂着、、猪苗代湖方向を望みます、、(笑
そのまま猫石へ進行。


930_20170605082648db1.jpg
山頂から猫石へ向けて少し下ると小さな池にモリアオガエルの卵が沢山♪

1006_201706050855078c8.jpg
地に落ちていたブナの実、、
昨年、東北地方のブナの結実は『凶作』より悪い『皆無』でしたが
今年はまずまずかな?


IMG_6262.jpg
ブナの幼木、、成木まで育つ確立は1%以下、、


933_20170605082651d8a.jpg
ブナの成木と幼木が共存するする事はまず無いのだとか。


935_20170605082647878.jpg
倒木にはりついた苔、、


938_201706050855023e2.jpg
9:38、猫石着、、化け猫伝説が残る石。


939_20170605085503758.jpg
猫石から見る雄国沼方向、、白狼の群れが疾駆する世界でした、


340_20170605091143af7.jpg
風の当たらない岩陰にはイワナシの果実。


1005_2017060508550652c.jpg
猫石から厩岳山へはまた一端下ってからの登り返し、
たいした高低差ではありませんがアップダウンを繰り返すルートです。


 

1036_201706050924568ff.jpg
ミヤマツボスミレ、、とても小さなスミレ


1034_20170605092123ba9.jpg
ユキザサ、、しっとりと濡れて心惹かれる思い。 
深山乙女草(みやまおとめそう)と名を変えたいくらい^^
『白霧の 深山に咲きけり 雪笹に 歩み止りて 心の留まる』


1013_20170605092121c94.jpg
厩岳山頂直下にはまだ残雪が。


1035_20170605092118d26.jpg
風に揺れるナナカマド


1022_20170605092122f43.jpg
10:22、厩岳山へ、、、登山口からゆっくり歩いても2時間ですから可也楽な行程。
帰りは更にのんびり歩きを決め込んで猫石を出発したのが12:40ごろ、、
お昼頃まで粘れば雲が切れるかと思ったのですね~ ダメでしたが^^;


1339_2017060510143332a.jpg
13:38、アルツ磐梯スキー場上部まで下ると猪苗代湖が見えました、、
この日初めて見る遠望。


1353_20170605101434436.jpg
13:53、登山口近のくブナ、、霧も晴れて良い感じでした、、

14:00、お散歩終了。


次のコピーneko
ルートマップ、 クリックで大きくなります。


 







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

猫魔スキー場に昔滑りに行ったことが有りますが初夏の頃はこんな光景なんですね

みろくさんへ

みろくさん こんばんわ コメントありがとうございます。
猫魔スキー場にいらしたことがあるのですね。
猫魔ヶ岳及び厩岳山の尾根は現在の雄国沼を火口とする外輪山で
晴れていれば素晴らしい展望が得られる尾根なんです^^

No title

久し振りにお邪魔しました。

ブナの森 深いですね。
喧噪の世界から別世界に瞬間移動したような
錯覚がしました。

緑や花がしっとり濡れているいる風情が好きです(笑)
倒木の苔もとても綺麗 思わず触れてみたくなります

熊のうんちって・・・(汗) 遭遇しませんでしたか?
夫は結構近くで熊を見ているようです。

私は近くの山に登った時
鹿を間近で見たことがありましたが
さすがに熊はないです。

ルシアンさんへ

ルシアンさん こんばんわ コメントありがとうございます。
久々の山記事アップ、ご感想をいただきありがとうございます。
ここは晴れていれば素晴らしい展望を満喫できる道ですが
この日は白絹に包まれたような世界でした、、^^;
熊さんとのニアミスや遭遇はいつも覚悟しているので
恐れず警戒、、といった、感じです^^
シカさんと遭いましたか、、天敵のニホンオオカミが絶滅して100年以上
加えて年々暖かくなる冬、、、シカの生息範囲 これからどんどん増えると思いますよ。
その弊害はシカのせいじゃなくて我々人間のせい、
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
プロフィール

KEN

Author:KEN
カモシカさんみたいに薮山を歩くのが好き♪

阿武隈山地に親しみ
安達太良を愛し吾妻を友として
蔵王、そして会津の山々に憧憬する日々です

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
踏み跡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。